ONITUKA TIGER(オニツカタイガー)がダサい?そんな考えは古いかも?

  • hariou999
  • 25 10月 2018
  •   ONITUKA TIGER(オニツカタイガー)がダサい?そんな考えは古いかも? はコメントを受け付けていません

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

どうも皆さん、はりおうです!

今回はONITUKA TIGER(オニツカタイガー)について紹介しようと思います。


【ASICS(アシックス)とONITUKA TIGER(オニツカタイガー)の違い】

ASICS(アシックス)

ASICS(アシックス)は、競技用シューズ、スニーカー、アスレチックウェアなどを製造、販売するブランド。スポーツシューズに強みを持ち、マラソン競技、バレーボールなどでは高いブランド力を持つ。

名前の由来は、Mens(才知、精神)をAnima(生命)に置き換え、「Anima Sana in Corpore Sano」の各文字の頭文字A・S・I・C・Sを並べたものである。

アシックスの営理念は「スポーツを通じて青少年の健全な育成を」。

View this post on Instagram

. 桐生選手が使用しているスパイクを原型とし、トップ選手にヒアリングを続け開発された短距離用スパイク「JETSPRINT」。 . スプリンターがイメージした走りを具現化するために、従来よりもソールの反りを抑えたフラット構造を採用。足裏全体で地面をとらえることで、蹴り出し時の推進力をサポートし、加速させる。 . NEWカラーは、人目を引きやすく発色の強いタイチイエローをベースに、アシックスストライプに虎柄を装飾。 . 詳細はストーリーズからチェック。 . #ASICS #アシックス #JETSPRINT . #桐生祥秀 @kiryu1215 #陸上 #陸上競技 #短距離 #陸上部 #陸上スパイク photo:©︎PICSPORT @picsport_japan

A post shared by ASICS JAPAN (@asics_japan) on

ONITUKA TIGER(オニツカタイガー)

アシックスに社名・商標を変更する以前のブランドであるオニツカタイガーは、レトロな雰囲気からファッションアイテムとしての人気を呼び、現在では再び一般向けシューズのブランドとして製造販売されている。

1980年代や1990年代にスポーツシューズの代名詞として使われたアシックスタイガーも2015年に復活し、当時使われたハイテク素材に加えファッション性の高さで人気です。


【アシックス(ASICS)の歴史】

■1949年

鬼塚喜八郎が神戸で興した鬼塚商会がバスケットシューズの製造販売をしたことに始まる。

■同年9月

法人組織の鬼塚株式会社とした。

スポーツシューズにふさわしい強さと敏捷性を表すものとして「虎印」とした。

鬼塚の”鬼”とアジアで最も強い動物の”トラ”を合わせると想像もできない強い動物を連想させるという事で、オニツカタイガーというブランドが作られました。

虎印の商標権はすでに他社に取得されていたため、鬼塚と組み合わせて「ONITUKA TIGER」印を横につけ、虎の絵の下にTigerの文字を入れたマークを靴底につけた。

■1963年

卒業旅行で日本に立ち寄ったフィル・ナイトは、オニツカシューズの品質の高さと価格の安さに感銘を受け、ナイトはすぐさまオニツカ社を訪ね、アメリカでのオニツカシューズの販売をやらせてほしいと依頼した。

■1964年

オレゴン大学の陸上コーチだったビル・バウワーマンと共同でブルーリボンスポーツ『BRS』を設立し、オニツカの輸入販売代理業務を開始した。

■1971年

BRSはナイキブランドを創設。

初期のナイキシューズ(コルテッツ等)は日本製のものがほとんどだが、これらはオニツカ社から技術者の引き抜きなどを行い、福岡県の日本ゴム(現・アサヒコーポレーション)で生産されたものであり、事実上ライバルメーカーへの仕入の切り替えであった。

オニツカ側がバウワーマンが考案した『コルテッツ』のデザインやモデル名をそのまま使用し続けたためにBRS社から訴訟を提起される。

■1974年

裁判は決着し和解金として1億数千万円を支払ったそうです。『タイガーコルテッツ』は『タイガーコルセア』(現・『アシックス コルセア』)に名称が変更されました。

ナイキ コルテッツ

タイガーコルセア

二つのスニーカーを比較すると、双方かなり似ていることがわかる。

 

■2002年

アシックスの誕生と同時にワンブランド制が導入され封印されていたオニツカタイガーブランドが当時のトレンドだったレトロブームの過熱とファンの要望により復刻され再ブレイクを果たす。

■2015年

テクノロジーをユニークなスポーツライフスタイルとして体現する新たなブランドとして“ASICS Tiger(アシックスタイガー)”が誕生する。

今回はONITUKA TIGERを紹介させていただきました。

次回もお楽しみに!

ではでは!


オススメの記事

日本人だけが知らない!?ASICS Tiger(アシックスタイガー)人気の秘密 オニツカタイガーとの違いも解説

世界最高水準の品質を誇るバッグブランドCHROME(クローム)とは

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,795人の購読者に加わりましょう

プロフィール

HARIOU

HARIOU

ストリートファッションやコスメ商品などを中心に記事を書いています。

プロフィールを表示 →

Twitter でフォロー

ブログ統計情報

  • 188,764 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ