Supreme行列で集団暴行中国人逮捕

  • hariou999
  • 17 5月 2018
  •   Supreme行列で集団暴行中国人逮捕 はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

【Supreme行列で中国人集団暴行】

今若者から絶大な人気を誇るSupreme。
今年3月、中国人12人がSupremeの店員にリンチしたことがネットで話題となった。




【Supremeとは】

出典:http://shop.parksider.com/?mode=grp&gid=329990&page=5

 

Supremeシュプリーム
ブランドのはじまり

1994年、ニューヨークにてジェームス・ジョビアが「シュプリーム」をスタート。

シュプリームについて
「シュプリーム(Supreme)」はアメリカのファッションブランド。スケーターカルチャーの中心的な役割を果たしており、広範囲ではその他にもヒップホップ、パンクなどカウンターカルチャーに対して重要な役割を果たす。デザイナー、ミュージシャン、アーティスト、フォトグラファーなどから強い支持を得ている。また、他ブランドのアイテムもセレクトしているため、「シュプリーム」はブランド名であり、ショップ名でもある。1994年、ニューヨークのラファイエット・ストリートにてジェームス・ジョビア(James Jebbia)がスケーターのためのショップをスタート。それ以前にジョビアはステューシーのショップをショーン・ステューシーとともに展開していた。ニューヨークのシュプリームはスケーターたちの情報発信基地的な役割を果たし、独自の地位を築き上げていった。
ブランドでは、アパレル、アクセサリー、シューズに限らずスケートボードなども生産・販売する。ブランドやアーティストとのコラボレーションアイテムも積極的に行い、ブランド設立からコラボレーションしたブランドの数は100を超える。川久保玲がデザイナーを務める「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」をはじめ、「アンダーカバー(UNDERCOVER)」や「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」とのコラボレーションは定番化しており、発売される度に高い人気を博している。中でも爆発的な注目を集めた例として、2017年春夏コレクションにおける「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」とのコラボレーションがある。世界的なラグジュアリーブランドとストリートブランドのタッグによるアイテムを、多くの人が求めた。
2006年、アンジェロ・バクがシュプリームに入社。その後、ディレクターとなり、約10年にわたってシュプリームの成長に大きく貢献した。2017年、ブランド・ディレクター、アンジェロ・バクが退任。
2017年の時点で、ニューヨークの他にロサンゼルス、パリ、ロンドン、東京(渋谷・原宿・代官山)、名古屋、大阪、福岡にショップを展開している。

出典:FASHION PRESS


【Supreme行列で集団暴行中国人逮捕】

今年3月、東京・渋谷区にある人気ファッションブランドの店の近くで警備員が集団暴行を受けた事件で、警視庁は中国人の男ら6人を逮捕した。

傷害の疑いで逮捕されたのは、中国籍の呉鵬ちゅう容疑者ら6人。警視庁によると、呉容疑者らは今年3月、渋谷区神南にある人気ファッションブランド「シュプリーム」の店舗近くで、29歳の男性警備員をイスで殴るなどしてケガをさせた疑いが持たれている。当時、店の近くには新商品の発売を待つ客によって250人以上の行列ができていたという。

店側が整理券を配布する際に身分証明書をチェックしていたところ、呉容疑者らとトラブルになったという。警視庁は6人の認否を明らかにしていない。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180516-00000029-nnn-soci


【Supreme行列で集団暴行中国人逮捕】

2018年5月16日12時22分シュプリームの行列で警備員に暴行容疑 中国人ら逮捕

この意見には私も同感である。安易に中国人お断りなどの考えでなく、暴行などを起こした外国人を二度と日本に入国させないぐらいの厳しい処罰が必要だと思う。


【最後に】

正直言ってSupremeが、こんな形で地上波のテレビで報道されたことは非常に残念である。こうした中国人のマナーの悪さは、世界で問題となっており、他国では店の看板に中国人お断りの文字もある。買いたいものが買えなかったからっていう理由で、暴力を振るうような人達を入れたくない気持ちは非常にわかる。
私も実際に、中国人のマナーの悪さを目の当たりにしたことがある。今年の4月、A BATHING APEの店の前で、中国人の転売屋らしき兄ちゃん2人が、あんまり日本語が上手じゃない、韓国の女性の店員さん1人に対して、日本語が喋れるくせに、わざわざ中国語でクレームを言って、店員さんに詰め寄る光景を見たことがある。
中国人のマナーの悪さが深刻で、暴行される怖さから中国人お断りな考えもわかるし、自分の身を守る上で正しい判断だと思う。しかし、マナーが良い中国人もいるのも事実である。
今回の事件で迷惑を受けたのはショップ店員だけではない一部の中国人のせいで、中国人=マナーが悪いとレッテルを貼られてしまった、罪のない中国人もであると私は言いたい。

 

END


今、MAC-HOUSEのケミカルウォッシュジーンズが実はアツい!?

アディダスY‐3で有名な『山本 耀司』Yohji Yamamotoとは何者なのか⁉




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,678人の購読者に加わりましょう

プロフィール

はりおう

はりおう

ストリートファッションやコスメ商品などを中心に記事を書いています。

プロフィールを表示 →

Twitter でフォロー

ブログ統計情報

  • 134,641 アクセス

グループ

表示できるグループはありません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ