靴の劣化の原因である加水分解を遅らせる方法がある?

  • hariou999
  • 16 5月 2018
  •   靴の劣化の原因である加水分解を遅らせる方法がある? はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

【はじめに】

皆さんはスニーカーをどうやって保管していますか?何となく箱に入れて靴を保管していると、 保管状態が悪い場合2年後、もしくは3年後には、こんな感じになっているかも知れませんよ…

【加水分解】によって劣化したスニーカー

ソールがめくれてしまっている。

般若くん
いやああああああ!それがし、昨日エアマックス95を購入したばかりでござるよ!年後か3年後にはこうなるのでござるか!?あんまりでござるぅぅぅ! 

はりおう
えっ!?般若くんエアマックス95買ったの!?新事実過ぎるんだけど!まあ焦るな!絶対とは言い切れないが、少なくとも普通に保管するよりは、靴を延命出来る方法を教えるから!

般若くん
マジですか!でござるか!
はりおう
YES!YES!

【加水分解とは】

水分解(かすいぶんかい、hydrolysis)とは、反応物に水が反応し、分解生成物が得られる反応のことである。このとき水分子 (H2O) は、生成物の上で H(プロトン成分)と OH(水酸化物成分)とに分割して取り込まれる。反応形式に従った分類により、加水分解にはいろいろな種類の反応が含まれる。
化合物ABが極性を持ち、Aが陽性、Bが陰性であるとき、ABが水と反応するとAはOHと結合し、BはHと結合する形式の反応が一般的である。

加水分解の逆反応は脱水縮合である。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/加水分解

この加水分解に弱い代表格として、ウレタンゴムがあります。その特性である強磨耗性により靴底のパーツに使用されることが多いですが、水分に弱く、加水分解を起こしソールが割れてしまうことが度々発生します。

ウレタンの生成(ソールの生産)段階から少しずつ加水分解と言う劣化が始まり、ソール内部の強度が落ちていきます。ソールがボロボロになるという現象は、内部強度が落ちたソールで歩行した時に、力が加わった衝撃で劣化したウレタンが分裂してしまう為です。
保管状態が良くないと、3年も経てば加水分解が発生しソールがボロボロになります。

世界でも、加水分解の被害が多い日本。その理由は、日本の風土”高温多湿”が大きな要因となっています。

般若くん
なるほど!つまり、〇ースの綾○みたいに、渡米すればいいんでござるな!なーんだ簡単でござるな! 

はりおう
違う!般若くんはスニーカーの為に渡米するのかい!?どこが簡単なのかもわかんないけど…

般若くん
えっ!〇ースの綾○、靴のために渡米したんじゃないの!?アメイジング!
はりおう
般若くんの、その発想こそがアメイジングだよ…

【具体的にどのスニーカーが加水分解しやすいのか】

エアマックス全般 
エア系の靴は基本的に高確率で加水分解を引き起こします。
エアバッグをPU素材で包み込んだ形成となっており、そのPU素材が長い間湿気を含む事で、ボロボロの粉状に劣化し割れてしまったりします。
PUレザーの寿命が2年から3年と短い理由も一緒です。PUレザーも加水分解を起こすことで、皮がボロボロと剝がれてしまうのです。

出典:http://www.factor-jpn.com/?pid=19205371

エアマックスに関して知りたい方は、こちらの記事を読んでみる。

ハイテクスニーカー!エアマックス紹介


エアジョーダン4・エアジョーダン7
エアジョーダン4もしくは7もミッドソールにウレタン素材が使われているのでなりやすいといわれています。
ウレタン素材が使われている靴は比較的に高確率で加水分解が発生します。

出典:https://sneaker.794mhz.jp/air-jordan-4-oreo-black-tech-grey-white-314254-003/

エアジョーダン4・7に関して知りたい方は、こちらの記事を読んでみる。

エアジョーダンを語ろう!エアジョーダン4・5編

エアジョーダンを語ろう!エアジョーダン7編


【保管方法】

いよいよ本題である。ここから保管方法を伝授するが、あくまでも寿命を延ばすための技なので、絶対ではないです。加水分解は避けることは出来ません。例えば、3年の寿命を5年に延命させるような感じです。

1.加水分解を防ぐには

まず、皆さんに考えてもらいたいのが、加水分解を防ぐには、なんで加水分解が起こるのか考えなければなりません。
加水分解の発生原因は、当然空気中の水分、湿度が原因です。

2.用意するもの

1.ジップロック、類似品でも可。
2.乾燥剤
3.木のシューズキーパー
4.掃除機

3. 手順

1.一回靴を履いて、玄関で1日乾燥させる。下駄箱にいれないこと!
なぜ、一度履くのかというと、靴に足をいれて圧力をかけることでソール内部の水分を放出させる為です。
履かずに保管するより長持ちすると言われています。

2.靴をブラッシングし余計な汚れを落とす。

3.木製のシューズキーパーを靴に入れる。
加水分解を防ぐことにおいて水分は敵である。しかし、水分がまったくないのも靴には良くないのである。
そこで木製のシューズキーパーを使用する。木には水分を吸収するだけでなく、適度に水分を放出する能力もあるからだ。

シューズキーパーは100均でも購入可能!

こちらの記事を読んでみる。

ダイソー(Daiso)のシューズキーパーが優れている。かなりオススメ!

4.ジップロックに靴を入れる。

5.ソールの裏面に乾燥剤を入れる。
ソール裏面に乾燥剤を入れる理由として、乾燥剤は紙で出来ている為、黄ばみ原因になるからである。ソールの裏側なら別に黄ばんでも問題ない。

6.掃除機で吸い上げジップロックの中を真空状態にする。

7.チャックを閉じたら保存完了
あとは、靴の付属していた、箱にしまっておけばよい。

その他にも、こんな延命方法があるので紹介しよう。


【密閉して観賞用として保管する】

下記に商品の紹介ページのリンクで貼り付けているので興味があるなら参照して欲しい。

簡単に言うと、専用の袋の中に靴を入れてしまい、ドライヤーで袋を熱収縮させて、観賞用として保管する方法である。

料金は少々高いが、見た目はかなりいい。観賞用として保管するならオススメである。


【履きつぶす】

あとは、こんな技もある。三足から四足をローテーションして履きつぶす方法がある。

この方法、意外に靴が持ちます(笑)原理としては下記内容を見て欲しい。

まず、靴が3足あると考えましょう。

【例】A:エアマックス B:ポンプフューリー C:エアジョーダン

1.Aを履くことで、自身の体重で靴のソールに圧力がかかり、ソール溜まった水分が放出される。BC余分な水分が溜まっている状態。

2.Aを休ませる。ソール自体からは水分が抜けたが、履いたことで足の汗が靴の中に溜まり、湿っているので乾燥させる。乾燥させないと靴の中の水分がソールに移り、水分が溜まってしまう。Bを履くことで余計な水分が飛ぶ。C余分な水分が溜まっている状態。

3.Bを休ませて乾燥。Cを履くことで余計な水分が飛ぶ。A余分な水分が溜まっている状態。

4.Cを休ませて乾燥。Aを履くことで余計な水分が飛ぶ。B余分な水分が溜まっている状態。

また、1に戻る。⤴

このローテーション方式なら、ズボラな人でもできる。

般若くん
それがしは、履きつぶすことにしたでござる!けど、スニーカー1足しかないから…はりおう殿、もう2足買って!

はりおう
無理!

END


オススメの記事

1990年代に流行ったディスクブレイズを紹介!

なぜ、最近スニーカーを履く人が増えたのか。次のトレンドも予想!




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,680人の購読者に加わりましょう

プロフィール

はりおう

はりおう

ストリートファッションやコスメ商品などを中心に記事を書いています。

プロフィールを表示 →

Twitter でフォロー

ブログ統計情報

  • 134,706 アクセス

グループ

表示できるグループはありません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ