BOBSON(ボブソン)ジーンズってどんなブランドなのか?

  • hariou999
  • 15 10月 2018
  •   BOBSON(ボブソン)ジーンズってどんなブランドなのか? はコメントを受け付けていません

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

どうも皆さん、はりおうです!

今回は、Bobson(ボブソン)を紹介したいと思います。


【BOBSON(ボブソン)とは】

Bobson(ボブソン)とは、岡山県で誕生した日本のジーンズのブランド。

 

1950年に岡山県で山尾被服工業株式会社は創設した。学生服・作業服の製造で培ったノウハウを生かしたUSズボンが大ヒットする。

1969年に商標を出願し、複数回の事業譲渡を経てボブソンが誕生する。
ブランド名の由来には諸説ありますが、アメリカで「ボブ」名前の人物(架空の人物)が、日本製のジーンズを買わずに損するくらい立派なジーンズを作って見せるという気概が込められていたそうです。

 

ブランドマークは水牛の角(キャトルホーン)をモチーフとしたもの。

バックポケットステッチは独特の山形をしているが、これは創業者でもある尾崎家の出身地・香川県にある飯野山(讃岐富士)と尾崎家の屋号をイメージしている。

 

2011年に資金繰りが悪化。5月2日、東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請するも、同年3月に発生した東日本大震災によって、取引先からの注文が激減。負債総額は2010年2月期末で7億3400万円。

その後、同年12月7日には再生計画の認可決定を受け、再生計画に従って再建されることとなった。

しかし、2012年4月26日に東京地方裁判所より再生手続の廃止決定を受けた。この時の負債は、2011年2月28日時点で約10億7400万円。

2012年6月1日、東京地裁から破産手続開始決定を受けてしまう。その後、破産手続でボブソンの商標権などの資産が売却され、清算されることとなった

2013年フィリピンのJIINZU株式会社とライセンス契約し、NHK番組でボブソンの企業紹介が放送された。

【送料無料】ウェア ボブソン デニムパンツ バギーパンツ Baggy Trousers メンズ ワイドパンツ ゆったり 太い デニム WHEIR Bobson

価格:18,480円
(2021/3/17 22:51時点)
感想(0件)

【送料無料】ウェア ボブソン デニムパンツ バギーパンツ Baggy Trousers メンズ ワイドパンツ ゆったり 太い デニム WHEIR Bobson

価格:21,120円
(2021/3/17 22:52時点)
感想(0件)

 

ボブソン 4327 ダークブラウン 3E メンズ カジュアルシューズ レザースニーカー アウトドアシューズ 革靴 紐靴 eee 幅広 ゆったり 本革 日本製 Bobson

価格:8,610円
(2021/3/17 22:43時点)
感想(1件)

今回は、ボブソン(BOBSON)ジーンズを紹介させていただきました。

次回もお楽しみに!

ではでは!


オススメの記事

Levi‘sの歴史について簡単に解説

ディーゼル (Diesel)とはどんなブランドなのか? ブランドライン解説

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,761人の購読者に加わりましょう

プロフィール

HARIOU

HARIOU

ストリートファッションやコスメ商品などを中心に記事を書いています。

プロフィールを表示 →

Twitter でフォロー

ブログ統計情報

  • 308,803 アクセス
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ