イタリア人のファッション事情について!

  • hariou999
  • 02 12月 2019
  •   イタリア人のファッション事情について! はコメントを受け付けていません。

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

どうも皆さん、はりおうです!

今回は、イタリア人のファッション事情について解説していこうとおもいます。


【イタリア人は10着しか持たない】

近年、イタリア人は10着しか持たないという本が、大ヒットしたのを知っていますか?

流石に10着と言うのは、イタリアでも少数派ですが、(10着なんてミニマリストぐらい)我々日本人よりも確実に服の枚数が少ない事は事実です。

イタリア人だと、オールシーズン合わせても20着〜30着程です。

そもそも気候が違うので、同じようにすればいいと言うわけではありません。

イタリア人は、我々日本人と比べ服の手持ちが少ないと言うだけです。


【イタリア人はブランドにこだわりがない】

イタリアは、そもそも我々日本人よりも給料が少なく、物価も安くもなんともありません。外食も2500円〜3000円ぐらいが一般的な価格です。吉野家や丸亀製麺みたいな安い店なんかありません。記念日やイベントの時ぐらいしか外食に行かないです。

感の鋭い人は、もう察しているかもですが、そもそもブランド物を買う余裕があまりない。

背丈に似合わない服は似合わないというイタリア流ファッショニスタの心得みたいなのがあり、日本でいうローンを組み無理してGUCCIの帽子を被っている人とかいますが、イタリアでは、あまり好まれないファッションスタイルです…。

イタリア人は、服をそんなに買わないので、サイズ、素材、着回しの良さを考えて服を買います。

ブランドなどは、富裕層が買う物と割り切っており、そんなに高いブランド物は、基本的には所有していません。

※当たり前ですが高額でも気に入れば購入することはあります。

やはり、日本とイタリアのファッションの最大の違いは、日本はブランドを重視しますが、イタリアはスタイルを重視する点ですかね。


【イタリアには1週間コーデなどない】

日本では1週間コーデ特集って需要があり、ネット、テレビ、雑誌などで連日取り上げられていますが、イタリアにはそんな贅沢なコーデの仕方をしている人は居ません。男性だろが女性だろうが、2日ぐらい同じ服は平気で着ます。

1日着たら洗濯するのは、せいぜい日本ぐらいで、世界で日本は一番服が綺麗と言われています。

そう考えると日本ってすげー贅沢な国ですね(笑)

今回は、イタリア人のファッション事情について紹介させていただきました。

次回もお楽しみに!

ではでは!




オススメの記事

GIORGIO ARMANI(ジョルジオ・アルマーニ)とは 多種多様なニーズに合わせたブランドラインを紹介

小籔千豊が出演!GUが製作した面白いファッションHOW TO動画を紹介

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,719人の購読者に加わりましょう

プロフィール

はりおう

はりおう

ストリートファッションやコスメ商品などを中心に記事を書いています。

プロフィールを表示 →

Twitter でフォロー

ブログ統計情報

  • 135,471 アクセス

グループ

表示できるグループはありません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ